マイペースに

本日のお題は、KAT-TUN
Ask Yourself収録のそれぞれのソロ曲です~。
初回プレスなので、簡単に買えるかどうかは…
よくわかんない。 笑
そのへんは、お任せします。 笑


ここでは、自分は、
マイペースにいきたいと思います。


Wonderful World
亀梨くん ソロ曲
野球関連の(番組)テーマ曲でもあるので。
そのあたりも意識したのかな。
ご本人の作詞です。

内容的にはKAT-TUNのことでもあるような。
いろんな想像もできますが。
素直に気持ちをあげてくれる曲だと思うし、前向きになれます。
アレンジすごく好き。
爽やかだけど爽やかすぎないのよ。
ほどよいキラキラ感。よいぞ。


さて、ここから完全に個人的な感想というか。
直感というか。 笑
最初に聴いた時に、KAT-TUNよりもじんくんの顔がぱっと浮かんで…。
な、なんでだー?と自分の脳ミソに混乱し。 笑

まったく曲調とか違うし。もちろん声もね。
だけど、何回目かに、力の抜き具合かも、と思って。
いい意味で、テクニックに頼らないというか、パワーでいってないというか。
いや、もちろん、ベースのテクニックとかがあってのことなんだろうけど。
もう1つ先にいったと感じたし、グループとは違う一面を出せてると思うし。

余裕と自信。でも、おごらない。軸がしっかり。
そして、言葉の隙間からこぼれる真面目さ。
すべてが曲の心地よさを創っているのでは。



俺メロディ
上田くん ソロ曲
タイトルだけ見たら、なんだろこれ?おもしろ系?な誤解もされそうな。 笑

まぁ、そんなのはイントロでひっくり返ります。 笑
ゴリゴリのロックとなんだかとってもsweetなボーカルが炸裂します。

舞台のために創られた曲なので、内容は沿っているんだと思う。観てないから知らないけど。 笑
だけど、曲として面白いし、曲単体で十分成立してる。
で、創ったのは女性。という部分で、女子から見た男子の男子目線な曲になっているわけで。
いい意味での甘さがあると思うんですよ。
そしてボーカルはKAT-TUNイチsweetボーカルな上田くんで、サウンドはロック。
このあたりのバランスがとってもよい。
甘いけど、後味は甘くないんだよね。

上田くんって、普段の話し方がまたかわゆくて。
話してることをひらがな表記したくなるような。 笑
だけど、未完成のアンサーの時もこれも、こういうのにボーカルのっけると全然違って、めちゃくちゃロックしてるのね。
いいねー。
だけどさ、すごくいいんだけど、そろそろバラードもください。 笑
天使様~お願い~。 笑

でも、いやほんと、やっぱりわたしはこういうサウンド好きだわ。



The way
中丸くん ソロ曲
あぁ、もう、ほんと、ずるいよね。 笑
こんなに貴公子ボイスで、こんなにいい曲歌われたら、おちるしかないじゃん。 笑

これもKAT-TUNのことのようでもあり。
誰かの人生に寄り添っているようでもあり。

とにかく、曲調と中丸くんの声質の合い方が尋常じゃない。ほめてる。 笑
アレンジよすぎる。ほめてる。 笑

号泣だよ…。マイナスイオン出てる。


でねー。
またもや、個人的な感想もしくは直感。 笑
これを最初に聴いたときに、浮かんだのは6人だった。
3人のKAT-TUNじゃなくて、6人のKAT-TUN
3人で再スタートをきろうという時に失礼なのかもしれない。
でもね、なんだかね、6人の頃というか今までの全部をしっかり受けとめて前に行くよって言われた気がしてね。

それが今までの受けとめるよとは違って、本当の受けとめるよで、なんだか余裕ができたように感じてね。

ちょくちょく聴きながら、目がびちょびちょになって困った。
まぁ、私の勝手なんですけどね。 笑



Ask~から全てをリピート再生すると、Ask~から枝分かれしていって、またAsk~に集約されるかんじがね、KAT-TUNらしいし、KAT-TUNの強みのような気がします。
バラバラな方を向いていても、芯になっている部分は一緒。
だからこそ、自由に、ありのままに。


曲で、音楽で、充電期間の意味をちゃんと返してくれたんじゃないかな。