フレーズ

さて、本日のお題は、記憶に刻まれた歌詞というかフレーズ?などです。


ちょっとキレがないかも、です。
今年何回目?の風邪ひいた…。
今回は鼻がおかしい~。別ver.~。 笑
でもインフルとか、ちゃんとした?のにはならな
い~。 笑


さて、最初はジョヴィ様の歌詞から。
ジョヴィ様に限らず、洋楽にはセクシーなレディがよく出てくると思う。
かわいいよりセクシー大事、みたいな。
ていうか、セクシーよりセクシィってかんじ。 笑

子供心に見てはいけないものを見てるような気分だったり。 笑
(//∇//)きゃぁ、オトナの世界って…みたいな。 笑


そんなレディと離れてしまい…な状況で、部屋にいろいろあるけど、君のcheap perfumeの香りさえも残ってるよ的な内容の曲がありまして。

香りが残ってる、それがチープなパフュームってところが…。
なんか妙に、(//∇//)きゃーっ!!
て、なったのを覚えてます。
お子さまに刺激強い。 笑
cheap perfume恐るべし。 笑



KinKi先輩の曲にも好きなフレーズがたくさんですが。
永遠にベスト5から外れないであろう、カナシミ ブルーから、
『悲しみにくちびるよせて』
ここ、ここですよ!
なんだろう、これの惹き付ける力。
切ないようで、情熱的なようで。
何年経っても、きゅんとします…。



我が軍のKAT-TUNだったら…。
待って、いっぱいあるから…どれにしよう。 笑

外せないのは、
るしぇーーーる!!!
かな。
バカにしてないよ!
ほんと、これの衝撃たるや…。

しかもエルフとか出てきて、サビでラン ラン言ってて、なのに、なのにですよ、かっこいいんだよ、これが。
ひいき目に観ても、かっこいいの。
これを成立させるとは、KAT-TUN恐るべし…ですよ。


あとは、
『未完成な日々のすべて 許せる明日が来るとしたら』
というのが別の曲にあって。
Twilightかな。
なんかもう、刺さりすぎてどうしようかと…。




あとね、じんくんのでQuality inside meというフレーズがあって。

刺さったのは他にもいっぱいあるんだけど。
この部分がさりげなく、だけどすごく残ってる。





そういえば。
ドラマ新宿セブン、今週最終回ですね。
こちら、KAT-TUN上田竜也が七瀬を演じております。
観たことない…な方も、最終回だけでもどうでしょうか?!
配信もありますよー。

急に薦めてみました。 笑
最後だけでも充分見ごたえがあるかと。



そんな七瀬さん、全てが嘘とはかぎらない、とおっしゃってました。
実はこれがぐっさり刺さり…。
いろんなことが頭をよぎり…。
詳細は伏せますが。 笑



本当の言葉だけをひろいたい。
気持ちが沈むような言葉はいらない。
はい、そう思います。



そして、KAT-TUNからのステキな言葉を待ってる
よ~。

おしまい!