だからこそ

じんくんのアルバム、真剣に聴いてます。
その話は、後日で。


上田くんの歌ってる姿がうれしすぎて、また観てる。 笑
体2つほしい。 笑
時間足りない。 笑


それでね。
名前のところにKAT-TUNってあるし。

へぇ。この人、KAT-TUNなんだー。
なんて思った方々もいたのではないでしょうか。


はい。
KAT-TUNですよー。
どうですかー。 笑
こんな人もいますよー!


個性の方向性がばらばらなKAT-TUNでございます。
そこが最高でございます。



さて。
だいぶ落ち着いて観れるようになりまして。
(え?今頃? 笑)

Loveの方で、ドラマのキャラと自分を混ぜたかんじ、みたいなことを話してて。

自分を出すために、シルバーにしたのかなぁと、
ふと思ったり。

ドラマの(キャラの)衣装ってKAT-TUNっぽいし、上田くんっぽいし。
じゃあ、どこに自分を?となったら、髪色が一番やりやすいんじゃないか、と。
そうなったのかしらん?と思ったり。

いやもちろん、新しい展開のため、でもいいんですけどね。 笑

結果として、シルバーな美男子が現れたし。 笑
あとは前髪をよろしく。 笑



あとね。
ソロアルバム、諦めてないからね! 笑
つくろうよー。
今ならいけるよ!
今こそ、いこうよ!


そろそろ上田くんがつくった曲、聴きたいなー。
シルバー美男子がロックバラードとか、いいと思うぞ。 笑


やっぱり音楽が似合うを再確認しちゃったし。


誰々だけ、じゃなくてさ、誰々だからこそ、だよ。
上田くんだからこそ。

ソロアルバムつくれたら、その音楽性は最高な美しい武器になると思うんだけどな。
KAT-TUNにとって。