四季

本日のお題は、
Jin Akanishi
SEASONS
THE FIFTH SEASON
でございます。


この2曲を続けて聴いたときの衝撃たるや、お腹痛くなるレベル。(なんだそれ。 笑)

完敗ですな、じんくんには。

こんなに美しくも切ない世界を作れるとは。

いやー、さすが世界レベルのイケメン!
しかもイクメン

あなたが無茶苦茶(に見えただけかも、だけど)だとしても、その音楽を作り出す魂の美しさたるや。
もうひれ伏すね。ほんと。


パーティーソングみたいなのを歌ってハッピーしてるじんくんもいいけど、じんくんのボーカル、声質、曲との融合ぐあいがほんとにいい2曲ですな。

どちらもアレンジもすごく好きなかんじで。
特にFIFTHの方はドラマチックというか、なんかのサントラになりそうな。
ど素人のイメージの話だけど。


そして、じんくんの曲にはたまにあることだけど、
全編英語詞だと、ところどころだけど英単語の意味を調べたりして、むかーしむかし洋楽の歌詞の英単語を調べてたわくわく感みたいなものも楽しめちゃう。
1曲で何粒もおいしい。
お得~。 笑


そして、そして。
FIFTH~を聴いて感動した次に思ったのは、ライブDVD観たい!歌ってるじんくんを観たい!という衝動。
ものすごくそう思う。

あらやだ、やっぱり相当じんくんにはまってる? 笑
て、今に始まったことじゃないわな~。
十なん年前からだろうね~。 笑

もう何観ても泣くだろうから(笑)そこらへんはあきらめて、ぽちぽちっとしようかな…。



そーいえば。
ワタクシがのど風邪ぶり返して、こーなったら漢方薬も飲みましょうか、で、東洋と西洋の英知を両方摂取してる間に、じんくんがお誕生日を迎えてましたね。
はぴば!

幸せそうでよかったよ。
じんくんの幸せがみんなの幸せだよ!
(わりと本気でそう思う。えへっ!(*´∇`*))


とーとつに思い出話。
さしめしで話してるのを観ててね、ジャニのこと、そのものをなんか言うとかないし、元グループのことをなんか言うとかないし、それがすごく、じんくんらしいような気がして。

わたしの勝手なイメージだけど、こうなのかな?ってところから、そこからズレてないように見えて。


きっといくつになっても美男子で、きらきらした目で音楽をつくり、ライブをしてくれると思ってます。
これからも背中で自分のことを示せる、そんなイケメンでいてくださいな。

て、ことで。
終了~。