よれよれなので

はぁー。
疲れてます。 笑
よれよれです。 笑

なので、半分、想像と妄想を織りまぜて、ぶつくさしたいと思います。 笑
おヒマな方だけ、どーぞ。






ろくーんなKAT-TUNのこと、そりゃ最高にスキですよ。こんなにかっこいい6人が並んでるグループなんて、他にはいない!って、いつまでも思ってる。


それは昔の動画を観ても、そう思うけど。
なによりも。
アルバムBreak~の出来のよさ。
ドンエバで殴り込みかけて、アブナイ世界に誘って、RESCUEにつなぐ。
ほんと、とんでもない。
一瞬、アイドル忘れる。 笑

ソロ曲6人分並べるとかさ。
so クレージー。 笑

KAT-TUNって、6人だからKAT-TUNなんだと思っちゃったりするよ。

前にも書いたけど、こんなに聴いてて戦闘モードになれるグループも、そうそうないと思うし。




でもさ。
大人になって、いろいろわかってきて、子供のときに大切にしてたものを、ただ大切とは言えなくなっていくのは、仕方がないことだろうな、と思うんですよ。


だけどね。
なんで、ろくーんのままでいられないのか、なんて昔は思ったりもした。
そして、それと同じだけ自由でいてほしいと思ってた。
やりたいことをやってほしいと思ってた。


順番にソロコンとかやってさ。
グループなんて後回しぐらいなかんじで。

そして、たまにグループに参加して、が許されたりしたらいいのに。
それが出来たら、ずっとろくーんのままでいられるんじゃないかな、とか思ってたけど、やっぱり叶わなかった。


なんで出来なかったんだろう。

どこで、気持ちがズレちゃったのかな。


次々に新しい展開があれば、安心だし楽しいし。
だけど、それをろくーんの時に一度全部止めて、今の充電期間みたいな、完全に個人活動の時間があったら、もう少しろくーんのままでいられたのかな?

それでも結果は変わらなかったのかな?



誰も今の道を後悔してないだろうし。
これで、よかったと思うよ。



だけど、やっぱり。
ろくーんは特別感がある。
それは否定できないかなぁ、なんてね。


時々、そんなことを思ったりします、な話でした。