ふんわりと

春ですねぇ。(о ´ ▽ ` о)
スマホが壊れました…。(;´∀`)
後継機種なのに、この使いにくさ、というか馴染んでない感…。 笑

そんな今日この頃、ふんわりと自然に聴きたいなぁになったのは、WALKING IN THE LIGHTで、癒されてます。

5人時代のKAT-TUNって、世間一般にはどんなイメージだったんでしょうね?

主戦力が抜けちゃったとかは、おいといて。 笑

まだまだオラオラ感が強めだったのかな?
だとすると、この曲はイメージの反対側かな?

ただひたすらに優しいきれいさで。

でも、こういうのがほんとは、ずっとうまいんだよね、KAT-TUNって。

さらっと聞き流しちゃいそうなかんじもあるけど、なんか残るものがあって。

当たり前だけど、それぞれ違う声でボーカルで。
それが一緒でいいっていうグループというもの。

不思議なバランスの上に成り立っているようで、その組み合わせは必然なようで。


この組み合わせでいいからね、中丸くん。 笑