おめでとうからの、ごめんなさい

KAT-TUN様、11周年おめでとうございます!

いやー、めでたい!

いろいろね、思うところはあるよ。 笑

だけどね。
でもね、まさか、とか、こうじゃ…、とか、えっ、
えっとー、みたいなことには慣れてますからね。 笑


始まりのときには想像してなかった11周年の迎え方かな、とも思うけど。
何よりも、KAT-TUNが存続しているということ、そのことに感謝しかないです。


さてさて、↑タイトルで謝ってますが。 笑
ちょっと自分でもわかんないというか、不思議なことが起こってしまいまして。

私はですね、勝手に決めてたんですよ。
KAT-TUNが無事に10周年を迎えたら、じんくんのアルバム聴くぞー!!って。 笑

どっちがどうこうではなく、そう自然に思っていたわけです。
でね、無事じゃなかったからね、まだね…。 笑

ところが。
動画の宝庫で、じんくんのPVをぽちっとしてしまった!
な、何が起こった、自分?!?!
今までの忍耐どこいった?! 笑

なんだろうなぁ、KAT-TUNの曲不足?
夜中のテンション?
さっぱりわかんない。 笑


そして…。
横に誰かいたら、どんだけ仲がいい人でもドン引きなぐらい大号泣…。

な、なんなの、この才能。
なんなのさー!
は?!すごすぎて、すごいって思う前に大号泣だよ。

曲で泣いたの、何年ぶりか…。
いやまぁ、感情にばしっとはまれば、泣けてくるけどさ。 笑
しかも1回目で大号泣って、そうないわよ…。


パニックになりそうなぐらい、もっていかれたよ。


じんくん、やっぱりすごかった。
そして、やっぱり好きなんだなぁと、じんくんの作るものが、世界観が好きなんだなぁと。

底無し沼だわ…。
2つで生還したけど。
1つじゃ、無理だった。 笑



でね、思った。
音楽なんて好きか嫌いかでいいじゃないか、と。

海外で通用するだの、しないだの。
どっちだっていいし、じんくんがどこで勝負したっていい。
伝わるか、伝わらないか。

伝わる人に伝わればいい。

よくわかんないけど。
海外でヒットする、でいいのかな、海外でうける?
のほうがいいのかな、なんかそれってある種の形があるかどうか、なんじゃないか、と。

文化も考え方も違うし、PVのつくりも違うし。
歌唱力は絶対に必要とか聞くけど。

海外でどうこう言ってるなら、どれかが足りないとか言う人もいるだろうけど。

私はみせてくれるもの、そのままでいいなぁと思う。


はぁ。
KAT-TUNが絶対に大丈夫になるのが、なんとなく10周年だと思ってたんですよね。
でもそうじゃなくて、それが悪いってことじゃなくて、でも、じんくんがぁ…とは、勝手になってて。 笑

11周年のお祝いってことで。 笑
ごめんなさい。 笑

アルバムは、もうちょっと耐えてみる。 笑



それから、じんくんのボーカルを聴いたら、ちょっとKAT-TUNの今のボーカルを聴きたくなっちゃった
なぁ。 笑
3人バラバラで歌うみたいだけど。

3人はね、やっぱりKAT-TUNとして、がいいなぁ。
いや、もちろん、ソロで、も今なら大アリですけどね。 笑


その日を楽しみにしてます。

これ以上、じんくんのところにフワフワしないで、おとなしく待ってますから。 笑



話がいろいろになりましたが。
11周年もステキな年になりますように。