読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色が変わる

さて、今回は歌いだしって大事なのね、な話です。
歌いだしをとにかく最初に歌ってるところ、と思ってますが、あってますでしょーか?! 笑

まぁ、それで大丈夫ということにして。 笑


まずは、アルバムcome Here
これの1曲目がCOME HERE
なんだか若干ややこしい気も…。 笑

でも、ほら、大文字とか小文字とか、おしゃれ?ってことで。 笑

こちらのアルバム、見た目からしてもポップなかんじ。KAT-TUNが黒くない!みたいな。 笑

でもって、COME HEREのイントロって、メロディというかリズム?、音が並んでるってかんじで短めで、何が始まるの?と思ってると、歌いだしは亀ちゃんで、わりと抑え目な印象でスタート。

それが逆にぞわっとするというか、アガるんですよね。
そのあと、どんどん盛り上がってはいくけど、大人な盛り上がりってかんじ。

その始まりをちゃんと示してた、な、歌いだしではないでしょうーか?


そして、2曲目も亀ちゃんから。
TRIANGLEのイントロもメロディというか、リズムみたいなので、すこし暗めというか切なそうというか。
で、亀ちゃんの歌いだしが抑え目なんだけど、1曲目とは色合いが違うというか、なんか艶っぽいんですよね。

はっきりと違う色を、世界観を感じさせてくれる、
亀ちゃん恐るべしってかんじです。 笑

そして、この2曲、どちらも続きが中丸くんで、中丸くんも歌い方が違ってて、それがまた、まぁかっこいい。 笑
さすがだぜ、KAT-TUNのじぃちゃん! 笑



で、それからシングルだのソロ曲だのがあって、
STAR
バラードなんですけどね、穏やかなきれいさで始まって、歌いだしが上田くんですよ。
きたー!ついにきたー!ってかんじ。 笑
出た!シュガーボイス!
いやー、すごい破壊力。 笑

曲も全体的に糖度3割り増しってかんじだけど、もうその予感を上田くんの歌いだしが全て示してるみたいな。 笑



それからまた何曲かあって、HIDE and SEEK
このイントロ、絶対に大好物。 笑
これだよ、KAT-TUNってこれだよ、って思ってて。
そして、歌いだしが中丸くん!

出た!とどめきた! 笑
この曲に中丸くんをもってくるとかさ、もう、ほんとKAT-TUN恐ろしい。 笑


曲に合わせて歌い方とかを変えるだけじゃなくて、それぞれのボーカルでも色を変えることができる。
グループの良さじゃないですか、それが。


その色の変え具合を、こんなにもいろいろできちゃうKAT-TUN、おもしろいですよ~。


他の曲も並べたかったけど、長くなったので終了! 笑