2月の後半は

亀ちゃんのソロ曲について書きたいな、ということで、今回はsomeday for somebodyについて、です。

アルバムcartoon KAT-TUN Ⅱ Youに収録。

こちらのアルバム、じんくんがKAT-TUNの活動をお休みしていた時期のもの。
それとは関係なくね、私的にはJumpin' upとか、うたいつづけるとき、がこの時期のKAT-TUNに似合うなぁと思うんですよ。

そして、ソロ曲のなかで、1番本人に似合うなぁ、なのが亀ちゃんのsomeday for somebodyなんですよね。

うまい下手じゃなくてね、声のかんじとか歌い方とか、なんだかにじんでる気がする本人がもっているものとか、そんなこんなが亀ちゃんとそのソロ曲はカチッとはまっている気がする。

今より少し幼くて、素直で、ただただまっすぐで。

曲も好きだけど、雰囲気とか亀ちゃんのボーカルからこぼれてくるものとか。

ときどき無性に聴きたくなって、聴けばしばらくはまってしまう。 笑

そして、がむしゃらに、ひたすら頑張っている、折れちゃいそうな亀ちゃんを思い出して、ちょっときゅんとする。 笑


少し切ない曲調が似合うところは変わらないなぁと思う。
そして、声質と曲調、アレンジ、テンポ、すべてのバランスが心地よい曲で、どのソロ曲とも似てないんじゃないかな。


何年経っても、惹かれるところがある曲ですね。