思い出話

今回は思い出話。
10代のKAT-TUNを観たら、いろいろ思い出してしまったので。 笑


まずは、ナカイくんからの中丸出し。 笑
懐かしすぎて、泣けてきた。 笑
そして、やっぱりナカイくんって優しいなぁ、と。

うたばんがある頃、毎回のようにちゃんとグループ名を言わないとか、愛があるイジりというか、ただの愛情がいっぱいだった。

中丸出しもそうだし、前髪がねっとりしてる、とか。 笑

そして、質問の答えが揃うはず!っていう体で、10年後だったかな?○年後もKAT-TUNでいたい、という質問に、ボタン?隠してぽちっと回答!
答えが『6』じゃないことに大笑いしたものです。

そんなKAT-TUNに、貴さんが、真ん中に-入ってるからダメなんだよ!真ん中でポキッてなっちゃってるからダメなんだよ!て、言ってて。 笑
(もちろん、悪気無し)

何年後かにそうなったから、あれは予言だった!みたいな。 笑

しかも、最後にはTが2人ともいなくなったし…。
まさにボキッとね、とちょっと思いましたよ。

でね、そんな脱退をネタみたいにするの、嫌だなぁと思う人もたくさんいるの、すごくわかる。
わかるけど、私は強いなぁと思う。
自分を笑える人って、ほんとに強い人なんだと思う。そして、辞める、辞めないを口に出せるのは、信じてる部分があるから、だと思ってる。


あ、話変わるけど。
旅人くんのエンディング曲、先行配信もうすぐなのが楽しみ!
早くフルで聴きたいな~。

好きな曲が見つかるとすごく幸せ。
正直なところ、KAT-TUNの3人の音源早くほしい!って思うことは、よくある。 笑

でもきっと、あのまま続けていたよりもいいものが作れる状態になってきてると思うから、おとなしく待ってる。 笑


マイナスに見えることをプラスに変える力がある、昇華させる力がある。
だけど防御力0。 笑

だから、これからは良いことだけ、になってほしいですね。

真ん中からボキッとは、ならないからね! 笑