読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこにある安心感

KAT-TUNに安心感をもたらしてくれるのは、きっと
中丸くんだろう、と思う、今日この頃。

上田くんや亀梨くんに塩対応をしても、注がれる愛情は変わらず(笑)、そして中丸くんが二人を信用するのもきっと変わらない。
うん、うん。

そんな、実はKAT-TUNの真ん中にいて、みんなのことをちゃんと考えてて、ぎゅっとつかんでくれて、たまに低温毒舌なのにかっこいい!って言われちゃう中丸くんのソロ曲について、思うままに~です。
前置き、長い! 笑


まずは最初の頃の良曲 key of life
こちらは、作詞のところに中丸くんのお名前が。

曲としては、じめじめしてる。 笑
まだ、想ってるんだよ…みたいな。

『今は誰かのそばにいるのかな』
なんて、考えちゃって。

大切にしてただろうに、
『よそ見してたら君がいない』
って、どういうことよ?!
何に夢中になってたのさ!

なんて思ってたら、
『またすぐに分かり合えるよ』
え?!
復活愛ですか?
あれ?じゃあ、ハッピーエンド?
え?!
望んでるだけ…?

うーん、深くて悩む…。


そして、中丸くんのボーカルと切ない曲の組み合わせの良さ、その親和性の高さをはっきりと示したわけです。
そして、それはずっとブレないのであった。
すばらしい。



幸せそうなのに、切ないかんじもあるのが、
FILMかな。
切ないを感じるのは、中丸くんの声質によるものと思ってる。
こちらの歌詞は、共作になってる。

『恋に堕ちた瞬間 お互いを疑うことは無かった』
なんて、イケメンすぎて、めまいする。 笑



まだ想ってる系で、はずせないのがSnowflake
ボーカルとアレンジの響きあいがすばらい。

お揃いの指輪は捨てられないんだね。
うん、わかるよ、その気持ち…。
そして、そんな世界観が似合いすぎるほど似合う
中丸くんの安定感!
すばらしい。



でもね、恋愛話ばかりじゃないのさ!
それが、Answer
こちらも、ボーカルとアレンジの響きあいがすばらい。
恐るべし、中丸くんのブレなさ。 笑

歌詞は共作ですが、すべての言葉がすてきで、心に響いて、言葉の並びがよくて。


ほんと、中丸くんって、さりげなく、だけど確実にかっこいいと思わせる。 笑
そして、ソロ曲の安心感。
その安定感。


何があってもブレない中丸くんの世界観とボーカルが包んでくれる空間は、切ないけどマイナスイオン
どんだけ出てるの?!な、癒しの空間。


あ、もちろん、明るめの世界観な曲もありますよ。
そちらのパターンも、もちろんとても良い。
良いけど、書くと長くなりすぎるので。 笑
明るめの方には、楽しいもありだけど、中丸くんらしさはブレない。 笑



今のKAT-TUNは、ほんとに個人の色がより、はっきりしてきたなぁと思う。
でもきっと、中丸くんの世界観はブレないんだろうな。

これからも楽しみです。(о´∀`о)