変幻自在

さて。
本日のKAT-TUNについて書いてみよう~は、上田くん中心で。


KAT-TUN自体が、多面的で。
そして、そのなかでもとりわけ多面的、なのは上田くんであり、そのソロ曲なのではないか、というようなことです。


アルバム楔の初回1にですね、
FIRE and ICE
僕なりの恋
MONSTER NIGHT(上田くんのソロ曲)

の3曲が並んでるんですよ。

とりあえず、タイトルだけでもこの振り幅。 笑
FIREでICEで、恋してMONSTER?みたいな。
一応、アイドルだよね?
アイドルに似合うのは恋ぐらいじゃないの?なんて
思ってみたり。 笑


で、FIRE and ICEは期待以上のかっこいい曲で、ほんとにこんな曲つくられたら、新しいKAT-TUNに納得するしかないよ、降参!って、思った。 笑


僕なりの恋は、とってもきれいな曲で、目の前の幸せをちゃんと大事にしよう、みたいなかんじで、メロディラインも内容もすごくステキ。
癒しソングです。
ただ、良すぎて、油断すると泣けてくるところが注意点。 笑



そして、最後に放り込まれる、上田くんのソロ曲が
MONSTER NIGHT
そもそも、アイドルのアルバムタイトルが楔というのもすごいな、と思ってるところにMONSTERを放り込むというね。 笑

ほんと、甘やかしてくれない。 笑


曲の方ですが、すごすぎてポカーーーン、ですよ。
なに、なに、どうなってるの?!!?!!
みたいな。 笑

ソロコンサートを観たことがある人なら、少しは免疫あって、大丈夫だったんですかね? 笑


ほんと、何が飛び出すかわからない。
それが上田竜也のソロ曲である。

歌詞が共作で、曲は違う人だと思うけど。
イデアは上田くんだよね?きっと。


こんなに世界観の違うソロ曲つくる人っているんですかね?
きれいなバラード歌ってみたり、ニートまんでかわゆいダメ男になってみたり、ロックしてみたり、
MONSTER NIGHTでダークメルヘンみたいな世界を繰り広げたり、AOL様として降臨してみたり。


いったい、頭の中、どうなってるんでしょ…。


しかも、歌い方が全然違う。
MONSTER NIGHTになったら、僕なりの恋の優しくてきれいなボーカルじゃない、FIRE and ICEの
凛としたかんじでもない。

MONSTER NIGHTには、そこにしかないボーカルがあって、それが世界観をつくる一役で。
あ、でも共通点はあるよ。
甘い。 笑
とにかく声が甘いところは、隠しきれない。 笑

残念!
どんなにオラオラしようとも、ダークであろうとも、不器用でも(笑)、声が甘いところは隠しきれないよ~上田くん。

そこがいいところなんですが。 笑


そして、MONSTER NIGHTは、PVもあります。
こちらもすごい出来で。

上田くんがどこまで関わってるのかは、わからないけど。
すごく凝ったつくりで、こんなのつくれたら楽しいだろうな~、すごいな~と思う。

思うけどね。
上田くん、もっと出来たでしょ、と思うところも正直あったりする。
贅沢ものだからね、いいもの観るともっと!もっと!ってなるタイプなのでね。 笑

まぁ、自分で映像つくる、というわけにはいかないし、アイデアがあっても全部できるわけじゃないだろうし。

これはこれで一つの完成形で、観てて引き込まれるのは、ほんと。
そして、ここまで出来るその能力、もっと活かせれば、というか活かしてくださいな。 笑



上田くんの多面的、中丸くんの安定感、亀梨くんのゆるがない亀梨和也であるかんじ、これからも遠慮なく(笑)ぶつけあってもらいたいと思います。

たぶん、それぞれがそれぞれらしく、だから上田くんは多面的でいられるのではないかと思います。


さて、中毒性があるMONSTER NIGHTに、しばらくどっぷり、はまろうっ、と。 笑