やっぱり、すごい

とある事情でくじを引いたら、番号というか記号が
『U』で、瞬間、よっしゃ!!(・▽・)v って思った。 笑

まぁ、そんな話はおいといて。 笑

KAT-TUNの曲には、表記がUのものがちらほら。
DON'T U EVER STOP
Lovin' U

4UのUも同じ意味なのかな?
あとは、歌詞に出てきたり。


なんて考えて、ぐるぐるっと何周かまわって、それでもやっぱりDON'T U EVER STOPはいいな、って、話です。

DON'T U EVER STOPは2008年5月発売。

間違いなく、好きな曲の上位にいるけど、たぶんね、聴きすぎたんだと思う。 笑
で、ちょっともう、いいか、ってなって、しばらく聴かなかったり。 笑


でも、たまに聴くとガッツリつかまれるというか、
やっぱりすごいな!ってなるんですよね。

曲の展開もアレンジも、6人のボーカルもダンスも、
全てがこんなにもかっこよく噛み合ってる。

KAT-TUN最強!、そう言いたくなる。 笑


それにHBBとRAPを足せるし、ビジュアルはかっこいいし、衣装は…ちょっとな部分もありつつ(笑)、でもアイドルらしいものを、というラインを守りつつ、あれ、というのがまたすごいな、と。
かっこいいな、と。


アイドルなんだけど。
でも、いい意味で、アイドルという枠は、あってもなくてもいいような気がしてくる。


しかもC/Wには、ソロ曲を2曲ずつ、通常盤はC/Wなしという、個人力を全面的に信じてるのか?というような作り方。 笑

まぁ、それがちゃんと成立するような個人力だし、ソロ曲のクオリティだし。

それに興味ない方は、C/Wなしでどうぞ、な潔さ。 笑



個人と個人、個性と個性がぶつかりあって、ダンスは揃わないし、衣装はバラバラ。 笑

でも、ボーカルを重ねれば、どの組み合わせでも魅力を増す。

なんか、ずるいなぁ。
さらっと、そんなことできるなんて、かっこよすぎるでしょ。 笑