いいなぁと思いつつ

他のグループも聴いてみたら、すごくよくて!
なんてお話を読ませてもらうと、よかったねぇと思いつつ。
わたしも何か…と思っても、アイドルの枠にいるグループには、どうがんばってもおちる気配がない。 笑


頭カタイのかな? 笑


最初に見たのは、いつだったか…。
わたしのなかでKAT-TUNは、確かにアイドルだった。
それから、しばらくしても。

番組での振る舞いとか、最初の頃のパフォーマンスは、アイドルとしか見てなかった。

デビュー曲でロックしようとも。
記録を作ろうとも。



アイドルなのに、なかなかパンチきいたことする人がいた。
(本人的には普通だし、一般的にもそんなにズレてるとは思えない)
やりたいことはやりたい、ごもっとも。


そして、やっぱり曲が好きだから、いいなぁは変わらないけど、アイドルだなぁとも思ってた。

いろんなことで。


でもいつからか、アイドルなのかどうかは、どっちでもいいようなことに思えた。



二人目の脱退の時、ルールを破ったうんぬんはおいといて、あぁ、やっぱりアイドルなんだ、と思った。


でもそのあと、それでも突き進むKAT-TUNは、わたしのなかでアイドルだけど、アイドルじゃなくなった気がする。
アイドルを超越しちゃった気がする。


もちろん、他のグループをどうこう言うつもりじゃなくて。
だけど。
アイドルらしいアイドルには、だからはまらないんだろうな。



今でも新しい音楽に出会いたい = ロック
な自分に、唯一アイドル枠からやって来たKAT-TUN
って、改めてすごいな。 笑




あとそれから。
アイドルって、人として、グループとして成長していくのを見るのも楽しみの一つ、なんて意見があるかと。

そして、不幸せなこともさらけだして、少なからず、そこに共鳴し、興味を感じるとか。



人としての成長も楽しみ。
グループとしての成長も楽しみ。

でも不幸せなことをさらけだしてほしいとは思わないし、いつでもハッピーなふりもいらない。

そんなものに共鳴するから、気持ちが続くわけでもない。




そして。
さようならは不幸せではないから。


そんなところ売り物にしてませんから。




いろいろ言いましたが、KAT-TUNがアイドルであることに、どうこう言うつもりではないので。 笑


あのステージを作れるのは、アイドルだから、という部分も重要なんだろうし。


まぁ、要するに。
KAT-TUNという存在自体が良いってことです。 笑