読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反対側

前から気になっていたこと。

上田くんがテレビで叱ったせいで、Jr.の子が泣いちゃった、もっとかっこいいところを見たいのに、アイドルらしいところを見たいのに。

なんて、話が向こうから流れてきたとか。
正確にはわからないけど。


わたしは雑誌とか一切読んでないから、わからないけど、そのテレビ絡みの話とか載ってそうで、それで理解されるのかな、と思ってたんだけど。


反対側から見たら、そうなのかぁ、て思った。
伝わらないんだなぁ、て。

そういうこと言ってる人達は年齢的に若いのかな?
だったら、理解できる、と思うところもあるかな。



叱られるの、嫌いですか?


まぁ、好きって言う人、あんまりいないだろうけど。

大人になるとなかなか叱ってもらえない。
わかってて、当たり前、だから。

叱ってもらえるのは、若いうちだけ。
出来ない時だけ。

そして、その大切さに気づくのは、ずっと後になってから。



Jr.くんたちはお仕事もしてて、プロで、でもデビューはしていない、だよね。

これまでやってきたこと、それが出来るようになるには、裏側でいっぱい叱られたんじゃないかな。

いっぱい泣いたんじゃないかな。

それがあったから、成長していけるんじゃないかな。

出来るようになったことが、あるんじゃないのかな。

それをテレビで見ちゃったら、やっぱり嫌だと思うのかな。



プロでもデビューはしていない。

想像だけど、デビューしてるのとそうじゃないのって、かなり違うと思う。

はっきり言って、動くお金も人も。

それを背負う覚悟も、責任も。



上田くんは、そうなったときのために叱ってるんだよ。
泣いた分だけ、悔しい気持ちの分だけ、強くなれるって知ってるから。

強くないと生き抜けない世界にいるから。



それに、目の前のことに一生懸命になれない人に、力を貸してくれる人はいない。

人とのつながりとか、よくも悪くもどう思われるか、が大事な仕事でしょ。

そして、そういうものを積み重ねていかなきゃいけない。

一つずつ、ちゃんと。

それが先の道につながってる。


そういうこと、一人の人間として、KAT-TUNとして、いやと言うほどわかってるから、上田くんは。





きらきらしたアイドルを見たいなら、そういう部分だけ見ていればいいと思う。






上田くんは間違ってないから。

伝わる人にはちゃんと伝わってるから。