読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少しぼやける

自分の書いたもので、WHITEのPV観たくなって、
10Ks!CDのPV集をWHITEから観たんですけど。


あ、個人的なことなんですけど。
テレビの音量を気にせず再生すると、
ジェイストーーーーム!!!!!
って、大音量で響きわたるのに、いまだに
!!(゜ロ゜ノ)ノ
て、なる。 笑



えーと、なんだっけ。 笑
あ、そうそう、WHITEの話からでね、これのも
まぁ、みんなそうなんだけど、

なんて全員、顔の造りがかっこいいんだ!

と、いうことを改めて突きつけられました。 笑

いやー、びっくり。
かっこよくて。 笑



そして、美人な上田くん、坊主になる!
わかってても、最初は必ずびっくりする。 笑

それから、中丸くんが大活躍したり。
大活躍しすぎで、曲がはいってこないよ。 笑




なんてかんじで観てて、急に中丸くんの言葉が頭をよぎったんだよね。

理想どおりの年はない。


再開に向けてって言ってたから、じめじめしたらだめだと思って書かなかったけど、最初に聞いたとき、目がじょびじょび、びしょびしょだったよ…。


PVをいつ作ってるとか、ちゃんとわからないけど。
でも、あんまり発売される時と時間差がないんじゃないかと思ってて。
そうだとする、時間の流れどおりというか。
その時期のKAT-TUNとあまり時間差がないんじゃないか、と。

時系列でKAT-TUNが並んでる。

理想どおりの年はない。

こんなに頑張ってるのに、思うままに出来ないこともたくさんあって…。

なんて考えたら、目がじょびじょび…。



そんなかんじで観てて、In Factになった。

もちろん顔もかっこいいよ。

でも、それ以上に全身からにじみ出てくるものの
かっこよさに苦しくなるほどだった。

サウンド的にも、映像的にも、それよりなにより
4人が放つ圧倒的な何か、それにどうしようもなく
揺さぶられた。


上田くんが言ってたことも頭をよぎった。

4人になったとき、正直だめかと思った。

それでも、そう思っても、ファンを裏切れないと頑張ってくれて。
(このときに、ファンの方を、ていう言い方をしてくれたところに、上田くんの人柄を感じた)



そしてその頑張りは、圧倒的なパワーで、最高のかっこよさで画面から伝わってきた。




今、それぞれで頑張っていることは、もちろん応援してるよ。
でも、目の前のことで、少しぼやけてた。

ジャージ着てる上田くんより、ハワイでミラクルな中丸くんより、野球少年してる亀梨くんより、やっぱりパフォーマンスしてるKAT-TUNが最高なんだって。目の前の楽しさで、一人ずつに少し慣れてしまっていたのかもしれない。


もちろん、復活しても一人ずつの活動も充実してて、グループも、が理想だと思う。
だけど、なによりも、KAT-TUNは3人なんだ、3人でいることがベースじゃなくちゃいけないんだ。

なんか改めてそう、思いました。


でもほんとに、充電期間で一人ずつになったこと、
絶対にプラスになると思うから。

今、3人でいられないことは、きっと必要な時間だと思うから。



たくさんの経験をしてきてくださいな。