鬼じゃないの、天使なの

ふと、思った。
上田くんに注目してくれる人がいる。
いるけど、イメージ、激怒な見た目ヤンキー、
鬼のごとく怒鳴る!、でも走ったらけっこう速い!
、筋肉すごい、たぶんKAT-TUN

こんなかんじなんでしょうか。


確かに…。 笑


が、しかーし、中身はとってもいい子だから。
作詞作曲できるから。
ちょっと前のソロ曲なんて、リアル天使だから!笑


でもさ、ここで『花の舞う街』とか出してきても、
えっ?誰歌ってるの?
あの?あの上田くん?!

…なんか、声違うんじゃない?

て、なりかねないよなぁ…と、思ったり。

ART OF LIFEは、あぁ、そうなんだぁ、って、納得されるだろうけど。

それもいいけどさ、もっと、もっと、もっーーーっと、甘々ボーカルの時の、すてきな上田くんもいるんだよー!!


かわいいところ凝縮しちゃってるからなぁ、
『花の舞う街』とか『愛の華』とか。

すごくいいんだけど、テレビのイメージだけの人が聴いて、ぱっと、上田くんの声!!って、なりにくいよね…。


うぅ、もったいない。

じゃ、じゃぁ、見た目…で…。


わーん(。>д<)

もっと違うー!

ギャップありすぎー!! 笑



そう、ギャップこそ、上田くんの最大の魅力かもしれない。
しれないが、ありすぎて疑われそうだ…。 笑



少し前はボブヘアーの美人さん(でも、筋肉すごい)だったとは、想像しないよなぁ。 笑


テレビのイメージしかない人が、ライブDVDの
『花の舞う街』とかWHITEのPVの女神スマイルとか
観たら、どうなるんでしょ? 笑


鬼、欠片もないもんね。 笑
オラオラ、欠片もないもんね。 笑



でもさ、 まっすぐ頑張っていれば、ちゃんと伝わる日がくるよね。

すでに、Jr.くんとシャドーして、かわゆくスマイルしちゃってるものね。 笑



そんなやわらかい部分が、音楽にまっすぐなところが、ボーカルの高音のきれいさが、KAT-TUNを大切にしているところが、中丸くんにはツンデレ(そして、絶大なる信用)で、亀ちゃんにはお兄ちゃんぶる(でも、亀ちゃんにお世話される。 て、いうか、いろんな人にお世話される。 笑)ところが。



ちゃんと伝わるといいなー。