それが持ち味?

前々から思ってることを少々。

KAT-TUNの持ち味、それはエロなのか? 笑

いきなりで、すみませんね。笑

あちらこちらに書いてますが、ワタクシの土台になってるものはロックでして、洋ロックも邦ロックも有名どころしか聴いてないのですが。
エロも異次元も生死の境目も、人生のもどかしさも恋しさも、とにかくいろんなものをいっぺんにざばーっんと大量にあびてきまして。
少々、ジャニの音楽を聴くには土台になってるものが素直ではないと思うのですが。 笑


それにしても、KAT-TUNはエロい方かな。 笑
そしてそれが、嫌みがないというか、さすがアイドルというか。

他のジャニ所属さんはどうなんでしょ?


でさ、エロさはどこから?と思ったわけです。
もちろん、曲調とか歌詞とか、パフォーマンスとか。
あんなこと言ってた!とか。 笑

でも、それよりなにより、個人力ではないかと。

まずは、じんくん。
声と歌ってるときの雰囲気がエロい。
でも、全部じゃない、私的には。
ロック的シャウトが、がなるがうまいこともあれば、優しい儚げな高音だったり、おぉぉっぅ、てぐらいのエロさだったり。
そして声に関しては、セクシィーであって、エロではないと思う。
雰囲気エロ、かな。 笑


次は、こうき。
これはもう、RAP歌詞のエロさ。 笑
途中までわりと普通な世界観だったところに、こうきのRAPが放り込まれた途端にエロくなることがあると思う。
そしてなにより、ソロ曲のエロさ。
おいおい、ジャニなのに大丈夫かい?!と、散々思ったよね…。 笑
それが、曲とかボーカルの能力値の高さでクオリティの高いものに変換されるんだから、恐ろしい子! 笑
ダイレクト、エロ。かな。 笑


あとは、やっぱり、亀ちゃん。
明るい爽やかエロ。 笑
市民権を得てるエロな亀ちゃん。
なんか様式美だよね。

で、雰囲気エロとダイレクトエロがなくなり、爽やか亀ちゃんエロだけが残ったわけで、曲の色合いとか変わったなぁ、と。
大人なエロへと進化した! 笑


しかし、KAT-TUN最強のエロはユウイチ ナカマル
だと思ってる。
この人が本気出したら大変だよ、絶対。 笑


あと名前が出てこなかったお二人。
エロくない! 笑
感じる方には感じるんでしょうけど、私には一切届かない。 笑
しかーし、10Ks!DVDのMOONで、初めて上田くんに
おぅ?!と思った。
はっきり言って、亀ちゃんは予想の範疇。
ユウイチ ナカマルも、まぁそうだろうな、と。

ここで予想外の色気出てる人が!
そう、上田くんですよー。

それがまた、繊細なかんじで。
あの見た目なのに。 笑
根の繊細なところとか優しいところとか、どうやっても出てきちゃうんだからね、困っちゃうわ。 笑

上田くんの繊細な色気。
エロではない。
そう、エロ担当はいるんだから、色気でいいんですよ。
これがたまーに見えるようになったら、大変だ。笑
でも、たまーに、がいいんだからね。
普段は今までどおり、ぽやっとしててください。 笑

新たなギャップ萌え~を手にいれたら、上田くんの武器が増えちゃいますね。
うれしいですわ。(*´∇`*)


で、もう一人、おたぐ。
おたぐから感じるとすれば、ダンスからただよう色香。
君のダンスに最高な色香がまとって、一段上へいってほしいものです。



いやまさか、こんなにエロと書く日がやってこようとは。 笑

KAT-TUNのせいだっ! 笑