2013その2

2013年4人体制になってから発売された
楔-kusabi-です。


楔-kusabi-
(初回1、初回2、通常盤)



初回1
楔-kusabi-
GIMME LUV
ON & ON
FIRE and ICE
僕なりの恋
MONSTER NIGHT(上田様のソロ)

楔-kusabi-のPV及びメイキング
MONSTER NIGHTのPV



楔-kusabi-
陰鬱な世界から、光を目指しているのかな。
6人時代にもない、5人時代にもない、新しい
KAT-TUNがいる。
次々と繰り出される言葉とデジタル的な音でありつつ重厚感があるサウンド。
唯一無二の世界観を表現できる、レベルの高さを感じる。


DVD
2013カウントダウン
come Here
quarter

カウントダウンのは、水量がおかしい…。
水柱→豪雨? 笑
ダンスがかっこいい。

quarterは和ver.




GIMME LUV
KAT-TUNらしい、アップテンポに強めのボーカル。
ボーカルをつないでいくところが、それぞれに合っていて、4人のバランスのよさがあるなぁと思う。
めちゃくちゃ、かっこいい曲。


DVDの2013カウントダウンに収録
鬼気迫るパフォーマンスに圧倒される。




ON & ON
明るめ、爽やかめ。
大人きらきらで、程よくテンション上がるところがすごくいい。
ふんわり楽しい。 笑


DVDの2013カウントダウンに収録
はじけまくってるKAT-TUNさんがキュート。 笑




FIRE and ICE
かっこいい以外の言葉なし。
それぞれのボーカルもすばらしいし、アレンジもかっこいい。
何があっても突き進むんだ、そんな強い気持ちが
あふれでてきて、迷いを全て取り払ってくれる。


DVDの2013カウントダウンに収録
火も水も従えたKAT-TUNさん、最強!
床がびしゃびしゃでも、バッキバキ踊るKAT-TUNさん、かっこよすぎ。




僕なりの恋
優しいバラード。
あまりのきれいさに涙腺がおかしなことになる。
4人の良さが、こういう曲に合う。
全員、甘くてきれいなボーカルだけど、亀梨様と
田口様の男性的なきれいさと上田様と中丸様の
甘い優しさとのバランスの良さ。
ほんとに、すばらしい。


DVDの2013カウントダウンに収録
上田様が菩薩様のような顔して歌ってる…。




上田様のソロは別枠!




楔-kusabi-
PV
森をさまよい、抜け出して4つの光を見つける、
そんなかんじかな。
曲の世界観、陰鬱なかんじがすごく出てると思う。



PVメイキング
森の中でまずは一人ずつ撮影。

4人一緒になって、時間があいたら、ひまつぶしの
遊びをすぐする。 笑

湖なのかな、ひらけたところで遊ぶ無邪気さ。 笑



初回2
楔-kusabi-
GIMME LUV
ON & ON
FIRE and ICE
FANTASTIC PLANET

GIMME LUVのPV



FANTASTIC PLANET
宇宙感なアガる曲。
4人時代はほんと、おしゃれーを感じる曲が多くなったなぁと思う。
ただ盛り上がれるだけじゃなくて、心地よいテンションの上がり方。
楽しい!


DVDの2013カウントダウン
ダンサー引き連れて出てくるだけでものすごい
強そうなKAT-TUNさん。 笑

DVDのcome Hereに収録
京セラver.で中丸様が暴走! 笑




GIMME LUV
PV
赤と黒の強めKAT-TUN
ダンスのかっこよさが、すごいの一言。



通常盤
楔-kusabi-
GIMME LUV
ON & ON
FIRE and ICE
BLESS
4U
PHOENIX



BLESS
きれいで、きれいで、きれいで。
リズムが心地よくて、でも切なくて。
4人のボーカルのきれいさが耳に心地よい。

上田様の甘さがほんとにいい。
中丸様の高音を丁寧に出すかんじ、甘さのバランスをとる田口様のボーカル、亀梨様のクリアなボーカルがきらめきをプラスして。

きれいすぎて、泣きたくなる。


DVDの2013カウントダウンに収録
ライブの最後がこれ、というね。
きれいすぎだよ、かっこよすぎだよ。
レーザーきれいだし。
泣く! 笑




4U
きらきらをくれた曲。
4人でも大丈夫だって感じた。
あんまりがんばりすぎてない、素直なボーカルに
きれいなメロディ、シンプルだけど、すっと心に入ってくるアレンジ。
そして、まとってるきらきらが幸せ。


DVD
2013カウントダウン
come Here 京セラver.
quarter
ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"(3人ver.)


2013カウントダウンは、あけおめver. 笑
quarterはアンコールの1曲目。



PHOENIX
アルバムの最後がこれ、というね。
KAT-TUNさんの決意表明かな。
自分達を阻むものは全て排除して、どんな世界でも
突き進む、恐いほどの強さを手にしたKAT-TUNさんがいる。
こんなに強く前を歩いてくれるなら、こっちが迷ってる場合じゃない。
そう思わせてくれた。


DVDの2013のカウントダウンでのPHOENIXは、
もはや伝説。

DVDのquarterに4人ver.




通常盤の出来がすばらしい。