君へのせんべつ

ワタクシ的、じゃんじゃんいろんなこと降ってきてダメージだらけ、やっと終わりました!

最後の方は、風邪薬とビタミン剤が主食みたいになりましたが。
元が丈夫だから、乗りきれた! 笑


で、こちらの↓文章、8月の下旬に書いてたものです。
完成させて、どーんと出してみました! 笑

おたぐへのせんべつです。

11月になったら、出せなくなるかもしれない、なんとなくそう思いまして。

2012年からもまた書きたいですね。
自己満足ですが。
全員へ同じようなテンションでむきあえるようになったら。



おたぐ、実力ではいあがってこいよ。
何がなんでも、おたぐの曲を聴きたい、パフォーマンスを観たい!そう、思わせてください。

傷つけて、悲しませて、悩ませて。
そうしたのは、やっぱり事実なんだから、それを全て越えるほどの気持ちをください。

それまでは応援してあげない! 笑

おたぐ、いってらっしゃい。
自分の信じる道へ。





2013年2月Release
EXPOSE
(初回1、初回2、通常盤)


2013年5月Release
FACE to Face
(初回、初回プレス、通常盤)



KAT-TUN 5→4

2013年11月Release
アルバム 楔-kusabi-
(初回1、初回2、通常盤)





EXPOSE

初回1
EXPOSE
STEPS TO LOVE
BRAND NEW DAY

EXPOSEのPV及びメイキング、スペシャル映像



EXPOSE
男っぽい曲というかんじで、ヘドバンしたくなる。
緩急つけた展開がかっこいい。

で、アルバムのcome Hereに収録、といいたいところですが、シングルは5人ver.で、アルバムは4人ver.なので、同じ、ではない。

5人ver.にある田中様の声がこの曲に合っていて、
シングルの方が男っぽいかなと思う。

アルバムの4人ver.の伸びやかさはいいと思う。


なので一応、
アルバムcome Hereに4人ver.

DVDの2013カウントダウンに4人ver.
短めだけど、パワフルでかっこいい。

DVDのcome Hereに4人ver.
(代々木ver.)




STEPS TO LOVE
繊細なイントロから、優しく始まる、内容的にも冬の冷たいきれいさがある曲。
あ、冷たいきれいさだけど、優しく二人の愛が大切と歌ってくれる、すてきな曲です。



BRAND NEW DAY
疾走感があって、透明感があるかっこよさ。
ボーカルをつないでいって、だんだん高揚感が上がっていって、サビの嫌なことを全部ぶっちぎってくれる、突き抜けたかんじがいい。


DVDの2013カウントダウンに4人ver.





EXPOSE
PV
いろんな組み合わせで、水上で男気あふれる
KAT-TUNさん。
衣装も男っぽい、てことだろう…。
それにしても、組み合わせが違うとはいえ、ひたすらKAT-TUNさんが出てくるだけ、でちゃんと成立するってことは、ビジュアルのレベルが高いってことですかね? 笑

で、なんか巨大なオブジェみたいなのでてきて、
パワー全開!

水しぶきあげながら、ジャンプするKAT-TUNさんがかっこよすぎ。



PVメイキング
海の浅いところみたいなセットで撮影。
砂で遊ぶ田中様と水をちょんちょんする亀梨様…。
かわいい…。


田口様は舞台の稽古中。
みんなで話題にしつつ、なぜか大喜利になる。 笑


せーのっ!でジャンプ!
ちゃんとタイミングを確認するところ、すてき。


水の中で撮影。
靴に水が入る…。


田口様と中丸様の全身全霊! 笑


らいなーぅ!!
に、きゃっきゃする4人。 笑


途中で舞台の稽古へ行く田口様が、ケガをしないように…て、話してるのを聞くと、膝が大丈夫かなぁと思うよね。


他のver.も
『ぽちっと買ってくれ』
by中丸様


戻ってきた田口様がキュート。 笑

『めーーーーん!!』

『にゃーーーー!!』

あぁ、かわいい。 笑




スペシャル映像は楽屋のコーナー!

ミニバスケに、指示に従ってシュート!

ペンペンとの再会! 笑

体が覚えてる!

全力で応援!

くじ運に恵まれてるのか、恵まれてないのか…。笑

恒例、インディアン風ゲーム。


罰ゲームのドリアンジュースでパニック! 笑





初回2
EXPOSE
Connect & Go
Snowflake(中丸様のソロ)

Connect & GoのPV及びメイキング
SnowflakeのPV



Connect & Go
KAT-TUNらしい、ダンサブルな曲というかんじかな。
抑えたかんじから、少しずつ光が増えていくように
世界観が拡がっていって、サビのボーカルの重なり方がかっこいい。


DVDの2013カウントダウンに4人ver.
ダンスと水の演出、ボーカルが絡まりあって
すばらしい。

DVDのquarterに4人ver.




Connect & Go
PV
モノクロ?白黒?で始まって、とにかく
かっこいい!

一人ずつのアップなんて、もう大変。 笑

けっこうダンスがある。
やっぱりダンスが多いのいいなぁ…ん?
そろって…る?!

カラーになって。
アップがまたいっぱいで、かっこよくてどうしたら
いいの!

流れる水越しとか、モノクロとカラーがちょっとずつ切り替わったりとか、なにがどうしても全員かっこいいんだよ、どうすればいいのさー! 笑

今回のダンスが、ほんとかっこいい。




PVメイキング
一人ずつの撮影とコメント。

上田様に話を聞く中丸様。
二人で話してると、どちらも、よりかわいい。 笑


おぉ、上田様のアップが、アップがぁ…。
あぁぁぁぅぅぅ。
(かっこよすぎて声がでない。 笑)


エロティックを求められない亀梨様。 笑


5人で撮影。

田口様
『おしくらまんじゅうっっ!』
ちょっとのすきまでも、面白いこと言いたい。 笑



中丸様
『呼んだ?』
肩をどんってして聞いてるのに、

上田様
『え、呼んでない』
さらっと答える、二人の安定感。
うん、今日も平和。 笑



みんなで振り付けを確認。

うぇーい。

まさかの、うえぴー!

見せてやる、ストレート。


振り付けを混乱する上田様のかわゆさ!!
えっ?!てなってる。
あぁぁぁ。かわいい!


それに、冷静に指示する田口様の落ち着き。
『違う。こっち。』
かっ、かっこいいー!

こ、これから、誰が上田様に教えるのよー。
( ;∀;)


また一人ずつ撮影。


亀梨様のコメントで、振り付けそろってるんじゃね
疑惑が、との話が。
じゃぁ、やっぱりそろってるのかな。

それにしても、
…そろってる方が話題になる…ね…。 笑


中丸様から、さらっと
(最後の)上田様が寝てた、とのコメントが!

中丸様からちょいちょい出てくる、上田様推し。 笑

おつかれさまでした!



中丸様のソロは別枠~。





通常盤
EXPOSE
遥か東の空へ


遥か東の空へ
すごくいい曲。
聴きやすいテンポで、アレンジもシンプルでいい。

大丈夫だよ、と背中をおしてくれる曲。
痛みや迷いを抱えて、それでも光はさすよ、明日があるよ、そんなふうに5人のボーカルが優しく力強く包んでくれる。

サビのところの世界観の拡がり方は、素直に高まる。全てが苦しいほど心に届いて、痛みを感じながらも、もう一度前を向こうと思わせてくれる、音楽の力を感じさせてくれる良曲。

通常盤なので、たくさんの人に届いてほしいな。


DVDの2013カウントダウンに4人ver.
亀梨様がちょっとやってしまった!笑
になったけど、4人のボーカルのきれいさに圧倒される。
後ろから光があたってるところなんて、神々しいもんね。 笑
あ、でも上田様だけは天使ね。 笑




FACE to Face

初回
FACE to Face
LIVE ON

FACE to FaceのPV及びメイキング



FACE to Face
疾走感があって、たたみかけるようなボーカルが
少し切ない曲調に絡まり、次々といろんな場面を見てる気持ちになる。

これも、シングルは5人ver.
アルバムcome Hereは4人ver.
私的には、4人ver.でもそんなに違和感ない。


DVDの2013カウントダウンに4人ver.
シンプルなかんじで、ガッシガシ踊ってくれるのが
かっこいい。

DVDのcome Hereに4人ver.




LIVE ON
デジタル音が強めに響いて始まるんだけど、ちょっと洋ロックみたいなかんじもありつつ。
デジタルと洋ロックの融合、ボーカルはポップなかんじ、かなぁ。
C/Wとしてはいいかなー、ぐらいだなぁ。




FACE to Face
PV
不思議な世界観。
万華鏡を覗いてるみたいだったり、鏡あわせみたいだったり。

とりあえず、どんな風に加工してもKAT-TUNさんは
かっこいい、ということはわかる。 笑

映像的にすごく凝ってるのかなぁ。
知識がないからすごさがわからない…。
申し訳ない。 笑

でも、ありそうでなかったタイプのだから、おもしろいと思う。




PVメイキング
一人ずつコメント。

田口様、かっこいいー。

別々に撮影。

上田様の横顔は造形美。


空き時間は遊ぶ! 笑
き、きりん?!


撮影再開。
位置の微調整が、なんかかわいい。


突然始まる、大喜利
ソイラテはおしゃれ。笑


全員で歩く!
それだけで、楽しそう。


最後に別々にコメント。
田口様がキュート。





初回プレス
FACE to Face
FLASH(田口様のソロ)

DVD(スペシャル映像、FLASHのPV)


田口様のソロ曲は別枠~。


DVDのスペシャル映像は、楽屋のコーナー!
吹き矢のゲームで持ち点決めて、
インディアン風ゲームのNo.1決定戦!


罰ゲームの中丸様の破壊力がハンパない。 笑

『マズーーーーーーーイ!!!!!』




通常盤
FACE to Face
DRAMATIC
あの日のまま



DRAMATIC
イントロがかっこよくて、アガる!
爽やかに応援されてるけど、程よい応援ぐあい。


DVDの2013カウントダウンに収録




あの日のまま
シンプルなバラード。
C/Wらしいかな。
ちょっと埋もれちゃいそうなかんじだけど、曲の色合いが強すぎなくて、素直にすっとはいってくるかんじがいい。

KAT-TUNらしいかというと、ちょっと迷うところだけど、インパクトがある曲ばかりだとね、バランスとれないから、いいんじゃないかな。

あ、曲としてはきれいで、穏やかでいいと思う。




楔は次ということで。