ライバルか敵か

ライバルと思うか、敵と思うか。
敵はちょっときついか。
何がちょうどいいかな。
ん?何って、おたぐのこと。

私は詳しいことわからないけど、試聴したとか言う人が。

ライバルと思うか、てきっ!て思うか。

戦友みたいだって言ってくれたから、ライバルと思いたい。

でもさ、どっちにしても、なんだろう、動揺する。
動くことはわかってるのにさ。


こうきを普通に見れるのに、ほんとに普通に話せるようになるのに、3年かかった。
亀ちゃんの言葉が救いのとどめで。
あぁ、大丈夫だって。


おたぐも3年かかるのかな。
否定するつもりは、ほんとにないので。
自分の信じる道を突っ走ってもらいたい。
それは、ほんと。



3人が一生懸命レベルアップしてるの、わかるから。この時間は有意義だから。
(レベルアップの音楽はドラクエがいい。 笑)

なんかRPGの絵がうかんだ。

亀ちゃんはファイター
人間の男性。
しゅぱぱぱっっっ、と斬りまくってほしい。 笑
でもって、暴走して、敵に突っ込んでいってほしい。


うーちゃんは弓手(弓士、弓使い)。
エルフの男性。
後方からの攻撃と回復魔法。
うーちゃんがエルフ!
いける、絶対いける。 笑
突っ走る亀ちゃんをあーもー!とか言いながら、サポート。 笑


ゆちは魔法使い。
年齢不詳の男性。
↑見た目、おじぃちゃんではない。笑

後方からの魔法攻撃。
冷たい顔で、サンダーとか落としてほしい。 笑
突っ走る亀ちゃんとそれをサポートしきれなかった
うーちゃんを横目に、どかーんと魔法発動して、敵を撃破!とかしてほしい。 笑


あら、脱線した。



なんとか楽しいこと考えて、気持ちつないで。

逆境には強いぜ。