ヘビメタでいい…よね?

LIPSの話なんですけどね。
これって、ヘビメタでいいんだよね?な、話。

なんかアイドルのくせにヘビメタとかさっ、て声がどこからか聞こえてくるような気もしますが、というか、しましたが…かな。

前々から言われてはいたかな。
KAT-TUNがヘビメタ歌ってる、てね。
いや、違う、とか。いろいろ。笑

で、これはヘビメタなのか、否か。
というか、ジャンルわけする必要があるのか、できるのか。

うーん、カラオケver.で、ボーカル無しだとヘビメタだなぁと思う。
ただ、ボーカルがのると、そうなような、そうじゃないような…。

なんて言えばいいのかなぁ、ボーカルのイメージがあんまりヘビメタじゃないような…。サウンドのイメージとボーカルのイメージが一緒じゃないような…。悪いということではなく。

ロックしてることは確かなんだけど。

しかも、最初の頃は不思議なマイクスタンドだし、
ガスだの泡だのとばしてるし。 笑

サウンド的にはヘビメタだと思う。(結論)

それ以上は、人それぞれかなぁ。
どうでしょ?


それから、LIPSのC/W
LOVEとMESSAGE FOR YOU
こちらがまたいい曲で。

LOVEはNEVER AGAIN系かなぁ?
R&Bのちゃんとした定義がわからないけど、イメージ的にはそんなかんじ。
間違ってたら、ごめんなさい。 笑

6人時代らしいし、とてもよく似合う。
こういう空気感、好きだなぁ。
KAT-TUNだからできる切なさとか艶っぽさとか。

何年経っても色あせないよ、ほんとに。


MESSAGE FOR YOUは、ありそうでなかった雰囲気の曲じゃないかな。
淡々としてるようでもあり、切なく迫ってくるようでもあり。
切ないけど暗すぎず、どれに近いとは言えないけど、4人時代の曲にちゃんとつながっていってるような気がする。


シングル1枚にいろんなジャンル(イメージぐらいでも)があるんだから、ジャンルわけは意味がないのかもしれない。
強いて言えば、どれもKAT-TUNらしい。
というか、KAT-TUNの色に出来ちゃう。
ジャンルとかしかめっ面な意見とか、軽々飛び越えるところがね、いいと思う。