こねこね

さぁて、何回かに一回はある、私的こねこね、こじらせたくなる日です。 笑


あんまり、いろいろ書くとね、もっと真剣に支持してる人たちからクレームくるかなーと思ってたんだけど。

書いてしまえ。 笑

私がロックにはまった原点、それはBON JOVIでした。兄がかっこいい!って言って、貸してくれたCD聴いて、ドボン。 笑
はまりすぎて、ワケわかんないくらい聴いて、それからロックづけ。
兄が持っているCDがほぼ洋ロックで、それを片っ端から聴き、観る音楽番組が最大数に増え、邦ロックはとりあえずレンタルで借りれるだけ借りて聴く!

お小遣いで生きてる時代だからね、いろいろ大変だった…。笑
お年玉はもちろん、CDに。
でも人生で最初に買ったCD、本気で覚えてない!笑

聴きすぎで、情報ごっちゃごちゃだったんだよね…。

でね、もともとアイドルはテレビでずっと観てるし、うちの父がクラシックも歌謡曲も聴く人だし、演歌がやってる番組も観てたし、ミュージカルも歌舞伎も観るという家なのでね、いろんな音楽が耳に入ってきてたわけですよ。

レゲエとかはなかったけどね。

なんか音楽って、少なからず影響しあってるところがあるんじゃないかなぁ、と。
そして聴く方としては、もともとの好みと小さい頃に聴いてて下地?になってる部分に影響されてるところがあったりするんじゃないかな。

私が知ってるのは有名どころばっかりなのでね、それも深く語るとかはほんと、しない方がいいだろうというレベルの知識なのでね。
ざっくりと。

それぞれが、誰かの音楽を下地にしてる部分があって、自分が好きなバンドとかの音楽の、その底にある部分に共通点を感じることもあったり。


さてさて、そんな流れがつながっていって、出会うべくして出会ったのかもしれない、KAT-TUNの音楽に。(ちょっと壮大すぎ? 笑)

ジャニーズの音楽って、KAT-TUNしか聴いたことないんだけど、いろんなテイストを混ぜるのがうまいなぁと思うんだよね。
そして、その混ぜられてるテイストが今までの音楽の流れをちゃんと汲んでるじゃないかな。

ここまで好きに書いてきた続きに書くには、良すぎる曲、

雨に咲く哀、夜に泣く藍

これがね、すごくいい曲で。
KAT-TUNらしさと、それ以外を感じるテイストの混ぜ具合、いいねぇ。

なんて、めんどくさいこと言うよりも、ただ素直に曲の世界観にはまればいいんだけど。 笑

唯一の世界観でありつつ聴きやすく、どうしようもなく惹かれる郷愁のようなものがあって、ビートを刻む音?は現代で、それに絡まるボーカルのバランスのよさ。

なんか、今まで自分が聴いてきた音楽とすごくつながっている気がする。

それでいて、新しいきらめきを感じさせてくれる。

KAT-TUNが見せてくれる世界は、アイドルというベースの上にある確かな音楽性。

ベースの部分、大事だと思いますよ。
作ってくれてるのはね。うん、それだよ。
あーだのこーだのあってもね。

あ、味方するなら、もちろんKAT-TUNの方だけど。



今回はこのへんで~。