RABBIT OR WOLF?

じゃんじゃん降ってくる…いろんなことが。
あっちから、そっちから、こっちから…。

そんな自分を救ってくれたのは、
ヒッキーの『道』


そして、テンション上げてくれるのが、
RABBIT OR WOLF?

上田様のソロ曲ですね。
イヤなこと、すべてをぶっちぎるようなロックが
聴いてて心地よい。

しかも、声が甘い。
これはやっぱり強みだね。

ロックプラス甘さ、毒々しい内容プラス甘さ、
その絶妙なバランスは、ご本人の魅力そのままですな。
オラオラプラス甘さ、口が悪いプラス甘さ、不器用プラス甘さ、一生懸命プラス甘さ…。

曲と本人がリンクしてる、本人と曲がリンクしている、どちらも本当で、どちらも違うのかも。

でも、この曲がもっている絶対的な魅力は、すばらしい。

そして、見た目込みでソロ曲を作ってるイメージだけど、この曲はどんな見た目であろうと、年齢がいくつであろうと関係ない気がする。

余計なことを考えず、本質でできている曲なんじゃないかな。

内容が幼い(若い)恋愛感情だと、年齢が上がれば歌えないというのもわかるけど、上田様の曲はどれでも、年齢に関係なく歌えるものが多いと思うんだけどな。
ご本人のこだわりだから仕方ないけど、見た目も。

あの時のビジュアルじゃないと、という曲もあるけど、ほとんどが今歌ったら変、とかないと思うんだけどな。
今の上田様だったら。
どんな曲でも表現しきれるはず。


次に歌うのは、KAT-TUNが再集結した時、とか決めてるのかなー。