きらきら

今回は少しきらきらしてる曲。

まずは、Going!のC/W

SMILE

これが、というかGoing!を発売する時に、じんくん
KAT-TUNの活動を休止していたので、5人ver.の
曲ですね。

この曲がKAT-TUNらしいのかどうか、それは迷うところもありますが、とてもいい曲。

素直な5人のボーカルに合っていると思う。

じんくんがお休みしてたことで、いろいろ、うん、
いろいろありましたが、いろいろな気持ちがありましたが、SMILEは素直に心にじんわりする曲になっていると思います。


これの上田様のソロは

『ありがとうって また逢おうって
今 君に伝えたくて』


内容的にね、この時期にこれかぁ…と思いたくなるような内容でしてね、すばらしいんですよ、だけどこれかぁ、で、上田様のソロがさらにぐさっとね。

力強くて、切なくて、儚げで、祈るようで。


この曲、最後がラララで終わるんですよ。
ありそうでないパターンで、最初から最後まで、
きらきらがいっぱい。

少し切ない、KAT-TUNにしか作れないきらきらが
溢れてる曲なんじゃないかな。




次は、UNLOCKのC/W

HONESTY

これもきれいな曲で、内容的には優しいし、ハッピーなかんじなんだけど、きれいすぎて切なくも感じるような…。

これの上田様のボーカルはとにかくきれいで、高音の出し方が、んぐっっっぅ!というぐらい、いい。 笑


『透き通る 無邪気な眼差しのSPECIAL…
独り占めしたい』

だんだん音が高くなっていって、SPECIALで一番高くなって切なげで、きれいで。
そのあとの、独り占めしたい、のところの拡がり方が…!
すばらしい。


さらに、FORからの部分がとにかくきれい!
中丸様と上田様が交互に歌うかんじで、きれいなボーカルときれいなボーカルの相乗効果で、たいへんなことになってる。 笑

ボーカルのきれいさは、ほんとに強みだと思う。

上田様と中丸様でも、きれい。
中丸様と亀梨様でも、きれい。
上田様と亀梨様でも、きれい。

どうやっても、きれい。
しかも、そのきれいさが、なんていうの、かるくないというか、うすっぺらくないというか。

少し切ない曲調だとさらに合う。
すばらしい。




暗黒の世界も、きらきらな世界も、KAT-TUNの曲は
ほんとにKAT-TUNにしか出来ない色で溢れててね、
曲のクオリティが高いと思うよ。