読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

care

なんとなく、ですが、じんくんのソロ曲だけ、は
書かないような気がしてました。
アルバムの中の1曲として、なら有りだけど、
単独で書くとは思ってなかった。

でもね、やっぱり。
すごくいい曲だということもありますが。

歌っているじんくんは、美しい。

どうしてもcareを歌っているじんくんが観たくて、
動画探しちゃいました。 笑

うまく言えないけど。
歌っているじんくんは、別人というか。

話してると、ちょっと、あらら…て、なったりする
笑 ところがいいんだけど、歌っている時のオーラというのかな、全然普段と違うと思うんですよね。



今がんばっている3人に過去の話は必要ないかもしれない。

でも、こんなにすばらしい人と同じグループだったことが、グループの歴史にあってよかったと思ってる。

それぞれが、じんくんに対して、それぞれの気持ちがあって。
それでも、よかったと思ってる。


どんな形であれ、じんくんは自分の実力で世に出てきたのかもしれない。
でも、グループがあったからこそ、知ることができた、たくさんの部分があって。

グループにいたからこそ、いろいろあって。

それでも、歌うことをやめなかったじんくんを
嫌いになることはなかったな。

大切なものをずっと、まっすぐに大切にしてきたから、ちゃんとじんくんの音楽がいろんな人に届くんだと思うし。


何かある度に、careにはまるんですよね。 笑

じんくんの今の音楽は聴けてないので、今と比べて、とか、もっとじんくんらしい曲があるのかもしれませんが。

ボーカルも曲もすばらしい。

よすぎて、はまるとなかなか、抜け出せません。 笑


あ、はまるけど、昔の方がよかったとは思いません。
確かに、6人は最強だった。
だけどそれよりも、今の3人の方が強い、しなやかな強さがあると思うんですよね。

なんていうか、今の強さにはちゃんと芯があるというか。
昔の強さは諸刃の剣のようだったけど、今は違うと思う。



そして、じんくんには、じんくんだけの道が似合うと思う。
まっすぐでいてくれるから、グループの時の曲を
今でも、はまるぐらい聴けるんだと思う。


そんなじんくんだから、いろいろ書きたくなっちゃいました。


3人が音楽という土俵に戻ってきたら、じんくんの
音楽をたくさん聴きたい。
うん、同じ土俵の上にいてほしい。

なので、それまでにいい曲をたくさん作っておいてください。 笑

3人の曲も、じんくんの曲も、浴びるほど聴ける日がきっとくる。
楽しみすぎる。 笑