雷雨とともに

あとDVDもね。
観たらやっぱり、いろいろ気持ちが引っ張られて、
ちょっと思ったこと。
めんどくさいことになるかもよ。 笑
でも、ハッピーじゃない気持ちがあるのは確かで、
書いてすっきりしたい。
はい、完全に自分の為です。 笑


DVDをゲットしたあたりから、聴くものはハイフン
セレクション。
観るのは3人のDVD。
昔と今が同時進行してる気分。


でね、ずいぶん前に聞いた話。
長く続くドラマのことだったかな、少しの不協和音があったほうが、おもしろいし、人をひきつける、みたいなことを誰かが話してたんだよね。

コントばりに、ぽんって膝をうって、なるほど!
て、うなったんだよね。

k.a.t.t.u.nもそれだっ、てね。


時にはやり過ぎなぐらいつっこんだり、元々の個性のぶつかりあい、ソロ曲のバラバラ感とか、高めあってるところもあるけど、相反するまま、なところもあるし。

そうか、不協和音か、なるほどね。
どんなに融合して最高!て、部分があっても、それをさらによく見せるのに必要な不協和音。









4人まではあったんだよね、不協和音が。

みんなに愛されてる不協和音が。




お花畑みたいだった。
不協和音がなくなったら。

悪いということではなくてね。
なんか寂しくなっちゃいました。

いわゆるシンメとかコンビがお花畑してるのはいいんだけど、みんな揃ってるときはそうじゃなかったじゃない?


なので私的、不協和音くんについて書いてる記事をいっぱい読んだ。
こんなに思い出すことになるとは。 笑




でも、3人の味方でいさせてほしいという気持ちに
変わりはない。

充電期間はまだあるから、今、をちゃんと受けとめます。

あ、もちろん、今の3人の空気感は好きなんだけどって、ことです。


ほんとに兄弟みたい。 笑