読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書いてることによって

書くことで考えが整理できる。
ということを実感してる、今日この頃。笑
10Ks!DVD発売まで約2週間。
まだ2週間なのか、もう2週間なのか。
それを観たら、KAT-TUNさんが3人だということを
改めて感じるわけで。
充電期間前に3人で出てたテレビ観たりしてね、3人だということをわかっている。わかっているけど、まったく馴染んでいない、と思う部分もまだあるのが正直なところで、はっきりいって不安です。
はい、私が不安なところでどーでもいいし、今までもこれからも外側からしか観てないだろうし、でも、今までで一番不安。
正直ついでに、二人までの脱退はありだと思っていました。誰がとか、いつかとかは考えてなかったけど、二人まではありだろうと思ってたんだよね。
だから、二人までは覚悟みたいなものがあって、耐えられたけど、三人目の脱退という、予想しなかったことがあって、許容範囲を越えちゃったみたいなかんじで、解散もありえると思いました。続けるという結論にも3人ということにも不安だらけです。
3人の能力が足りないということではないですよ。
自分の予想を越えちゃってるから、それだけだと思うんですが。
なので、DVD観るのが心配でしょうがない。予約してるので、ほとんど勝手に家に来るってかんじで、
目の前にあったら観るけど、観て何を思うか、心配してもしょうがないんだけど、やっぱり心配です。
ここに書くようになって、約2か月、KAT-TUNさんに
どっぷりで、考えがあっちいったり、こっちいったり、元に戻ったり。笑
我ながらブレブレだなと失笑することも多々ありまして、そのブレブレの根底にあるものが不安だということに気がついたわけです。
はい、十数年前から見ていて、最高に心配で不安です。笑
私が言うのはどうかなとは思いますが、3人から応援するようになった人が少し羨ましい。なんか、すごく素直に応援する、待ってる、充電中にいっぱい
勉強しておく!という、まっすぐな気持ちでいられることが、ちょっと羨ましい。
それぞれの時代の良さがあると思うことに変わりはないし、KAT-TUNさんを知ったことは本当によかったと思ってます。言い方悪いかもしれませんが、Jr.のグループって、残ったらラッキーみたいなところあるじゃないですか。そのままのメンバーでデビューできたら、さらにラッキーみたいな。いつのまにか消えちゃった、もありえる中、無事にデビュー出来て、日本中にギリギリ響かせて、いつでも最高にかっこよくて。でも、その時のやったーみたいな気持ちでいられないことが次から次へと。耐えてるのはメンバーの皆様で、こっちは見てるだけなんだけど、耐える部分がもういっぱいいっぱいなんだよね、きっと。
なので、10周年、11年目の今年に普通に活動していないということに、お祝いムードが少ない、盛り上がりきれない、ということに耐えることがしんどい。
波乱があって、仲良しこよしじゃなくて、自分のやりたいことは曲げない、そんなグループでいてほしいけど、10周年は普通にお祝いしたかったよ。誰が悪いとかは思わないけど、お祝いしてハッピーな気持ちになりたかったよ。
まさか、今年もしんどくなるなんて思わなかったよ。2014年からは安心してたよ。大丈夫だって、もう大丈夫だって。
なのに、またひっくり返されて、それでも頑張るって言う3人は最高にかっこいいよ、でもまた何かあるんじゃないかと思っちゃうし、不安がどうやっても消えないよ。

なんて言ってても仕方がない。
なんとなく、思い出にどっぷりなのはDVD出るまでと思ってるところがあるから、書きたい曲について
書かないと間に合わない!

3人を素直にかっこいいと言えることを願いつつ、
約2週間頑張ってみよう。
さて次は何を書こうかな。
頑張るよ!