読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曇り空

なんか、ぐだぐだ書きたくなった。
アイドルは不変だと。

そろそろ、どこからかクレームきそうだけど。
ま、いいや 笑

けっこう前の洋ロックは、生か死を背負ってるようなところがあったり。
もちろん後者を選んじゃダメだけどさ、自分を叫んでた気がする。
そんな極限状態は薄れていっても、自分を叫ぶのは続いてる、当たり前のことと言えばそうかもしれないけど。
自分で曲を作って、バンドを結成して、内面をさらけだす。

前提が違うんだけどね。
でもさ、アイドルは生身じゃいけない、みたいな
ところがある気がする。
なんか、ずっと。
ずっときれいなもの、キラキラしてるもの。
それが最大の魅力で、だから安心して憧れて、その
キラキラを一緒に全身にあびていられるんだろう。

でも内面は?
ちゃんと見てるよ、バラエティとかでも見えるし。
なんて思っても、やっぱりきれいなところしか見えてないと思う。
本当の内面は?本当は見えなくていい。
だって見えたらキラキラしてると思えなくなっちゃうもの。

そして、本当をさらけだされると嫌悪感だったり、
批判だったり。

私は本当をさらけだしてくれた方が安心する。優等生なコメントや態度より、時にはむき出しの言葉や感情があった方が安心する。

表に立つ人が、それじゃだめでしょ、とか言われても。そんな時まで優等生で完璧なアイドルでいる
必要なんてないでしょと思う。

アイドルの中で唯一好きなのがKAT-TUNなのは、
やっぱり少しでも感情がむき出しになったからだと思う。
アイドルにはあり得ないようなことが、これでもかとあって。
最初の波の時は、渦中の人が態度が悪いとか言われたり。アイドルではあってならないこと。でも、
人間らしいし、アイドルという枠にいるからこそ、
自分の思うままにはできず、そのジレンマがはみだしてるようで、ニコニコしてるより、よっぽどいい
なんて思うこともあった。

2番目の波の時は、一緒にいる人たちを傷つける結果になるようなことをしてた、というところはどうかと思うけど、本当はね、アイドルの枠をはみ出しても、自分でいようとしたところは、すごく人間らしいと思う部分もあったり。
どっちが良いとか悪いとかではなく。
自分を叫んでた。叫べないなんて、そんなにきれいでいなきゃいけないなんて。

アイドルはきれいであるべきで、はみ出しちゃいけない。
出来ないなら、さようなら。
そんなことは別のところでやってください。
それが正論なんだろうけど。

ずっと守られてる聖域みたい。

どんなに時代が変わっても、変わらない。
それが最大の魅力で、人を惹き付けるところなんだろうけど。

そして、活動休止も再結成もない。
あるとしたら、続けるか終わるか。
止まる自由ももう一度作り直す自由もない。

KAT-TUNは充電期間という名の活動休止中。
でも活動休止だけど、再開する前提での活動休止であって、完全に先が見えないかんじじゃないような。もちろん、戻ってきてほしいから、先が見えてた方がいいんだけど。
だから、活動休止じゃなくて、充電期間なんだろうし。

本当に完全にストップして、再開するはないような
気がする。
アイドルのグループって、誰のもの?
誰のためにあるの?
アイドルって、なにもかも自分の好きにできないの?

バンドとかボーカリストが好き勝手にやってる、てことじゃないですよ。
だけど、他の方々は全部が自分達のものという前提があって、その上で、てなるような気がする。

KAT-TUNに3番目の波を起こした人が何を思ってたかはわからない。
わからないけど、アイドルという完全すぎるしばりがなかったら?なんて考えてしまう。
人間らしさをむき出しにして、それはダメと言われ、少し隠して、それでも自分からこぼれてくるものを無視できなくて、なんてことがあったなら、アイドルとしては不合格でも人としてはものすごく暖かい気がする。

KAT-TUNが順風満帆でも、ずっと曲を聴き続けたとは思うけど。
でも、順風満帆だったら、ここにぐだぐだ書くなんてことはなかっただろうな。

アイドルは不変なもの。
KAT-TUNさんもそうなるのかな。
普通のアイドルに。
きれいでキラキラしてるアイドルに。
良くも悪くも、降ってきた困難に感情をむき出しに
してた姿のような、そんなキラキラしてないところはもう見れないのかな。


なーんて、ぐだぐだは
SUMMER EMOTIONで吹きとばせー!
キラキラのアイドルがいるぜ。
大人なアイドルが。
大人になっても、ちっとも変わらないキラキラを
まとってる完全無欠なアイドルが。

CDやDVDでみせてくれる姿が全て。
きっとそれでいい。
それが、正しい距離なんだろう。
いろいろ言ったけど、ぐだぐだ言うのは失礼なことだろう。
目の前のキラキラをそのまま受けとるのが、こちらがやるべきことだろう。

KAT-TUNさんの曲やパフォーマンスはアイドルを
通り越してる。
だけどやっぱり、それはアイドルという美学の上に
成り立っているんだろう。

その完全なる美学を尊敬し、見る側も守ることで、
さらに輝きを増していく。

そんな美学を貫くKAT-TUNさんのまっすぐさは、
本当に男らしい。