読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Polaris

Dead or Aliveの初回1のC/Wですね。

正直なところ、これが出た時期のKAT-TUNさんの
ことはあんまり記憶にない。
なんとなく、距離があったんだよね。
CDとかは買うけど…。
たまにはテレビで見るけど、歌うものは、わりとちゃんと観たけど、まぁ、そんなかんじ…。
みたいな。

調べたら、いろいろわかるけど。
それも、わざわざね、てなかんじでしてない。
なので、曲に関する情報はまったくわからない。
ま、ね、私はその程度の追いかけ方、ということで。そして、4人のKAT-TUNさんに安心しきってたんだと思う。なんでだろう?絶対、大丈夫だと思ってた。だから、追いかけなくても大丈夫と思ってるところがあった。
安心にあぐらをかくとは…。
だから、しっぺがえしをくらったのかな…。
ははは…。


この曲はしばらーく存在忘れてた…。
ライブDVDに入ってて、いい曲だなぁと思いつつ、それだけ、みたいな。

そして激震に巻き込まれちゃって、一緒に遠のいた
Polarisちゃん…。
いろいろとシャットアウトしたんだろうな。CDがまず、一番取りにくいところに置いてあったし。


真面目に聴いたの、いつぶりだか…。
すぐに深読みして、はまるから、本能が遠ざけてたのかも。
自分の防衛本能 大正解! 笑


本当に4人のボーカルのバランスのよさときれいさ。完璧ですよ。

星の繊細な耀きさえも感じさせてくれる。
なんなの、ほんとに。笑
なんでこんなに、きれいなの。

中丸様の言葉を大切にするようなボーカルのあと、
感情的な亀梨様、伸びやかな上田様。
ハモりは田口様かな?

サビでの重なり方のきれいさ。

点を結ぶ
からの上田様のボーカルのきれいさ。
自分の色を残しつつ、ほんとにうまくなったなぁと
改めて思う。
シュガーボイスと星がコラボしたら、とんでもない
破壊力 笑
上田様から中丸様につなぐとなんで、こんなにいいんだろう…。いまだに理由がわからない…でも、
一番きゅーとする 笑

ただ最後に笑い声?
これは、何の為か…。
と、思いつつ調べない 笑
知らなくてもいいかな、この曲のきれいさをそのまんま受け取っておけばいいかな。


C/Wにもいい曲が多いKAT-TUNさんですが、
ほんとにクオリティー高いと思う。




あ、あとね、曲の受けとり方は人それぞれで、
発表された時のことが知りたい方は、いろいろ
検索してみてください。
私も記憶違いとかあるだろうし。
かといって、どうだっけ?と思いつつ、あんまり古い話だと調べきれなくて、そのまま書いちゃたりしてたりする雑な人間なので 笑
わからないことは、そう書いてるつもりだけど、
読む人によってはそう捉えない人もいるだろうし。

途中、途中で書こうとは思ってたけど、後回しに
なってたことも書いてみました。


いろいろなことを浄化してくれるようなPolarisちゃん、これからもいっぱい聴こう。

なんかPolarisにちゃんつけるのが気に入ってしまった 笑



近づいて また遠ざかる 蜃気楼の先で君は
変わらぬ夢と光を 見つめている

KAT-TUNさんがそうでありますように。