読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I DON'T MISS UとAnswer

Going!の初回2にはいってる田中様と中丸様のソロ。
KAT-TUNさんお得意の隠しアイテム 笑

Going!そのものが、まずいろいろ言われ、これが
出た時期には、KAT-TUNさんは大波にみまわれ、
一般に知らされる情報もKAT-TUNさんそのものも
なんか、ちぐはぐなかんじて。
一般に出た情報は、いつも言ってますが検索してみてください。
でも、それが全部本当かどうかもわからない。
わからないけど、いろんなことがグレーなかんじだった。


そして、Going!
正直、ジャケット見て頭抱えた。
そのものが悪いということではなく。
タイミングが悪い 笑
今、これか、うーん、これはテーマ曲、KAT-TUNさんはアイドル、ありだよ、めちゃくちゃ爽やかなのも…。
ありだ、有だよ、、、ありあり。
↑言い聞かせた 笑


でも、どうがんばっても、どこ向いてるのー?!
て言われちゃうぞ…。これは…。
実際、私も言った 笑


そして、一番どうしようかと思ったのが、この
初回2。ブックレット仕様となってるんだけど、
表もうーん、中もうーん…。
どうしようかな、と本気で思った 笑
そのものじゃなくて、タイミングが悪いんだよ…。
(2回目 笑)


だけどね、田中様と中丸様のソロ曲聴いて安心した。いつ作ったとかどういうつもりかなんて、わからないけど、変わらない世界があったから。



I DON'T MISS U
田中様のソロ。
曲調としてはwetシリーズ?に近い気がするんだけど、こういうかんじの中だったら一番好きかも。
曲もそうだけど、アレンジがすごく好き。
端から端までかっこいいし、程よいせくしぃー
びーむ出してくれてるし、やっぱりさ、うまいよね、ボーカル。
田中様の高音もやっぱり好きだな。
きれいさとオンリーワンな色。

田中様らしい、けど、強すぎない個人色で、Going!
とははっきりと違う世界を見せつつ、はみ出しすぎてない、そのバランス感覚はさすがです。


最後の
Get out I DON'T MISS U
は深読みしていいんですかね?
ツンデレさん 笑
て、ことだと思ってます。

本当は歌詞の日本語のところも、ところどころ深読みしたいけどね 笑



Answer
中丸様のソロ。
曲とか歌詞を深読みする、めんどくさいタイプなので、これを聴いた時、目がびしょびしょになった。まず曲のきれいさ、それに絡まる中丸様の優しくて透明感があるボーカル、全てからあふれでてくる切なさをまとったきらめき。


前半に
願いは叶えられるために ここにある
これだけで、もうびしょびしょ。


最初はなんでも歌詞カード見ないで聴くんですが、
一回聴いてから歌詞カード見て、共作とはいえ中丸様が作詞してるとわかったら、もうびしょびしょが止まらない 笑

深読みしていいですか? 笑



君の涙を守りたくて ここにいる

最後まで一緒にいたのは、中丸様だったよね。
まぁ、この時は、そうなるとは思ってなかったけど。でも中丸様はなんの迷いもなく動いて、
そこには純粋な気持ちしかなかったんだろうね。




生きる理由も意味も抱きしめて



遠くまで 遠くまで 道は続いて見えるよ



君もどこかで見ているのかい?


もうね、普通に聴くの無理だった。
でね、今でも無理だ 笑
中丸様にこれを歌われたら無理だよ、びしょびしょだ。

特に最後。
君もどこかで見ているのかい?
これ。もう、とにかく、これはだめ 笑
途中まで耐えてても、最後に涙腺が…笑

我ながら自分めんどくさい 笑


ま、ほんとはだいぶ前からある曲らしいですが。
今、というか、この時出したことに意味があると
勝手に思っとく 笑

だけど、あの時はびしょびしょしながら、中丸様がいたら大丈夫、安心って思ってた、のはほんとで。

どんな結末でも、どんな大波でも、中丸様が諦めないうちは大丈夫だと、これのちょっと前から思うようになってて。
中丸様らしい曲をちゃん入れてくれて、それで安心できて、やっぱりKAT-TUNのお兄ちゃんだなぁと思った。



曲としては、どちらもそれぞれらしくて、最初にいろいろ言いましたが、いい曲だなと素直に思えるんじゃないかな。


自分の先入観をできることなら消したい 笑
すんなり聴けたらもっとよかったかな、でも
いろんなことがあるのが、KAT-TUNさんだから、
しかたないか 笑