比べてみる

KAT-TUN曲の世界観を比べてみよう~という、自己満足な話です。(*´∇`*)


ノスタルジックな曲、と私が感じているものです。
基準は曖昧です! 笑


まずは、雨に咲く哀、夜に泣く藍
UNLOCKのC/Wです。

4人時代らしい、言葉の重なり方が、メロディラインが、ノスタルジックで、タイトルどおりの哀と藍に彩られていると思います。

『ひとはきっと 絶望を見つめ 希望の名前 心に響かせる』

そんな素敵なフレーズを聴かせてくれる曲です。



続いては…
Birds
In FactのC/Wですね。
こちらも4人時代。

サヨナラの情景がとてもきれいに描かれてると思います。

『間違い探しのように 君の嫌いなとこ』
って、深すぎません?!

そして、亀ちゃんの『愛して』が美しすぎて、
もう!(。>д<)

ギターの音が印象的で、アレンジがとても好き。



5人時代なら、in the DARK

『ひらひらと落ちていた 花びらが最後のキミの
輪郭を隠す』
って、ものすごく素敵じゃないですか?!

『流したナミダが後ろに落ちてく』
のフレーズがとにかく好き!
好きすぎてネジとれそうなぐらい。 笑

バックの音とボーカルの重なり方がとてもきれいな曲だと思うし、5人時代の私の勝手なイメージが男っぽい、だったのをいい意味で裏切る繊細さがあると思ってます。



6人時代はね、同じところに並ぶかどうか、正直迷うのばかりで…。

合うかなぁぐらいで、LOVEかな。
でも、曲はやっぱり違うかなぁ、でも、じんくんの声にノスタルジックを感じるかも、と思ったり。


そして、聴くと……はまるね。
なんだろうね、じんくんの声の魅力ってなんなんだろうね!! 笑


それからね、こうして並べてみると、以外とちゃんと年齢に合った曲を歌ってて、少しずつ大人になっていくのとグループの形が変わっていくのがうまく重なってる、ということなのかも。
なんて、思ってみたり。


そして、ボーカル重なりで曲の世界観をより伝えてくれるようになったのが、4人時代なのかもしれない。

TRAGEDYのC/WのTWILIGHTにある、ノスタルジックなにおいとかも、4人時代だからこそ、響かせることができたのかも。


シングルでロックして、C/Wでこんな世界観を聴かせてくれるんだからね、ほんともぅ。 笑

女子のきゅんきゅんツボを押さえるの、どんだけうまいんだろうと、よく思うよ。 笑


あ、あと。
『それぞれの空』の空気感もノスタルジックなのかな?
他のバラードとは違う色合いを感じるんだけどな。

不思議なかんじ

今回は…いろいろと。 笑

まずは、Keep the faithを聴いて思ったこと。
なんかね、今までで1番かっこいいと思って、すとんっと自分のなかにはいってきたんですよね。

不思議…です。
すごく不思議なかんじ。

ものすごく素直にかっこいい!になったんですよ。
もちろん、今までもかっこいい!ではあったけど、なんかちょっと違う段階というか。


けっこう自分、調子悪いって書いてますけど、
はい、またあまりよくなくて。 笑
健康優良児なはずなんだけどな…。
悪くなって、治って、また微妙なかんじ。 笑

しかも他人事なのに、ちょっとイヤなニュースも。
勝手にへこんで、心配してる、いろいろと。 笑


そんな状態でKeep the faithを聴いたら、かっこよくて。
(。>д<)えーん、泣けてきた。 笑
なんだよー、かっこいいよー。
と、わかりきったことをぐずぐす、ぐすん…。 笑


日々、良いことも悪いことも、大なり小なりあるもので。
ほんと、音楽なかったら、どうなってたか。


そんなワタクシ、
顔がずたぼろね…。
って、言われました。 笑

疲れてるという意味なのか、顔の造りが…という意味なのか、両方なのか。 笑

へぇーへぇー、どーせ、ずたぼろですよ。
一般人なんてこんなもんですよー。

だからこそ!
テレビで美しいものを観たいのさ!


私はね、どの時代のKAT-TUNも結局嫌いじゃないんですよ。
だけどね、今の3人がかっこよくて、立ち姿が美しいので、3人組も悪くないじゃないって、思ってます。


ザ・アイドルな亀梨和也
さすがの器用さですよ。亀梨和也、の顔も見せるし、亀ちゃん、らしい顔も見せるし。

全部読んじゃって、最後にたおちゃんと
(せーの)誓います!
って、どんだけかわゆくて、お茶目さんなの!

そして、それに全て付き合ってくれた、たおちゃんのかわゆさ。
見守る亀ちゃんのお兄ちゃんっぽさ。 笑

クールでかっこつけてるだけの人じゃない。
でも、やっぱりKAT-TUNのエースだなぁ、と。
かっこよさと楽しさと余裕と、ほんとこんなに立派に…。涙
(たまに親戚目線になりたがる黄土色。 笑)



そんな亀ちゃんのとなりにいる、KAT-TUNのお兄ちゃんチーム。
一人は金髪で有名になった?上田くん。

不器用ゆえに、いろいろ伝わらない。 笑
もどかしい気もするし、らしい、気もするし。

頑張ってる姿を見ると、みんなを保護者目線にしちゃう、どうがんばっても、かわいい上田くん。 笑

以前に、こきたんがKAT-TUNの最終兵器って言ってて。
そんなふうに上田くんのことを認めてた、こきたんの目線がすきだったなぁ…。
(黄土色、突然思い出す。 笑)

ついに覚醒かな。

そんな皆に見守られてるかんじだった上田くん。
陸上部のJr.くんたちを見る目が、だんだんお兄ちゃんらしくなっていってる気がする。
最後にはお父さん目線になるんじゃないかと思うほど。 笑
みんながいい結果を出してくれるといいね。



もう一人のお兄ちゃん、中丸くん。
安定感抜群、奇跡のバランサー、ビビりに見せたり、好感度抜群な好青年だったり。

かっこいいけど、普通かも。
と思わせて、全然普通じゃない!
もちろん、いい意味で。 笑

亀ちゃんの様式美的なセクシーはね、わかりやすいじゃない。
ところが、中丸くんのときたら…。 笑

他にもいろいろ、あれとかそれとか全然、普通じゃない。 笑
気づいたら大変よ~、いろいろと。
そう、いろいろと! 笑

て、いうか、ただの普通の人と思ったことないかも。 笑

そんな中丸くんが深夜枠のドラマって。
深夜枠って!! 笑



こんなに個性がバラバラなのにね、ちゃんとグループとしてまとまってるんだからね、これも不思議といえば不思議かも。

そして、ボーカルを重ねた時のきれいさ。
KAT-TUN曲もいいけど、2人ずつで歌った、
『キラリト』と『ありがとう』もいいし。

あ、重ねたっていったけど、『ありがとう』は交互にしか歌ってない! 笑
(一緒なのは最後だけ、って、ものすごく亀ちゃんと上田くんらしい。 笑)


全然まとまりないけど、終了~。 笑

アイドルらしく

亀ちゃんがアイドルモードなようなので。
KAT-TUNのアイドルっぽい曲~。 笑

だが、安定のCD音源なし、なので。
DVDのcartoonより


Messenger
マイク6本で壁をこわしてみたりする曲。 笑

uh! ha!
って言ってるKAT-TUNさんが最高にかわいい。
ノリノリでいい曲。

けど、女子力高い、うーちゃんな上田くんが気になってしょうがない。 笑
扇ふりふり、くるしゅーなーい、な姫が1人いる。 笑



オリジナル・ブルー
ピカピカⅡ

こちらも、いい曲。
ノリノリで、いい意味での程よい爽やかさ。


だけど、おたぐがソロ曲の衣装のままで角ついてたり、じんくんが髪の毛耳にかけてるのが、ものすごくかっこよかったりして落ち着かない。 笑


しまいには、亀ちゃんが暴走して、おたぐが持ってた刀で斬りまくるとか。 笑

曲の良さとかつんちゃんのかわゆさが、ぎゅうぎゅう詰め。


この3曲を観ると、
はっ!Σ(゜Д゜)
そっか、KAT-TUNって、アイドルだった!
を思い出せる。笑


そんなdisc1のトリは、中丸くんのkey of life
若干のとまどいもあるような、きらきらアイドル衣装で踊ってて、かっこいい。

バックはキスマイさんだよね?

いつかまた、一緒のステージでコラボしてほしい
な~。
キスマイさんのダンス、かっこいい。



終了~。